創造と制作 〜ものづくりの現場から〜 > 制作の現場から > イメージと現実の狭間で

イメージと現実の狭間で

創造する仕事で多くの人が苛まれている事。それはイメージと現実のギャップです。

イメージというのは、それこそ無限です。人間はイメージの中であれば空も飛べます。しかし、現実で空を飛べる人はいません。

これは創造するという事に関しても同じです。特にクリエイトな仕事に就いている人は、想像性に富んでいる人が多いのも事実です。しかし、そうした想像性の全てを現実に出来るかといえば、それはまた違う話です。

現実に出来る事と出来ない事。つまりは理想と現実の狭間で何を現実にし、何を諦めるのか。創造する仕事に就いている人は、常にその思いを抱え、そして戦っているのです。

イメージの中では誰もが驚嘆するようなものを思い描く事が出来ても、いざ現実にしようとすると、現場の環境、そして自分を含めたスタッフ達の能力。そうした総合的な条件を鑑み、諦めざるを得ない事が沢山出てくるのです。イメージと現実の狭間で、何が出来て何が出来ないのか。

その取捨選択は、クリエイトな仕事、創造する仕事に就いている全ての人が常に向き合っているテーマなのです。

Copyright(C) 2010 - 創造と制作 〜ものづくりの現場から〜 - All Right Reserved.