創造と制作 〜ものづくりの現場から〜 > 創造する職業 > 料理家

料理家

料理家は、食べ物という分野で創造をする仕事と言えます。

料理家というと、「ただ料理を作るだけなのではないか」と思っている人も多いでしょう。しかし、料理家は既存の料理を作るのはもちろんなのですが、自分の創作料理も大事なのです。なぜなら、ただ料理を作るだけであれば、それはクリエイトではないのです。自らの代名詞ともなるような創作料理を生み出す事で、料理家としての肩書きに説得力が生まれるのです。

しかも料理のバリエーションというのは、それこそ無限とも言えるでしょう。何に特化するのかという面も問われることになるので、栄養を求めるのか、それともなるべくコストをかけずに作れる料理を提供するのか。

ただ単に思いつきで出来た料理を発表するのではなく、そこに確かな「何か」がなければ、それは「創作」ではなくなってしまうのです。

料理というのは多くの人にとって身近なものです。その分、非常に厳しい視線を向けられる事もありますので、料理家という職業は、実は非常に緊張感の溢れる職業であると結論づけることができるでしょう。

Copyright(C) 2010 - 創造と制作 〜ものづくりの現場から〜 - All Right Reserved.